カードローンの総量規制について

カードローンを利用する時には総量規制については基本事項という事で抑えておいた方が良いです。
これは2010年の6月に改正貸金業法が完全施行された事で導入されたのですが、簡単に説明をするとカードローンを利用する際には年収の三分の一を超えてお金を借りる事が出来なくなったのです。つまり、年収が600万円の人ならば200万円までという事になります。
どうしてそのような規制が出来たのかというと、お金を借りた場合は決められた方法で返済をしなければならないですが、お金を借りる際に無計画にお金を借りてしまったり、借りた後に想定外の出来事があると返済する事が出来なくなってしまう可能性もあります。そして不景気の影響もあって実際にお金を借りた物の返済する事が出来なくなってしまった人たちが多くなり、社会的にも問題となったのでそのような規制が出来たのです。
特に注意して欲しいのは専業主婦であり、この規制は世帯年収では無くて申込者本人の年収で判断されるので以前と比べて専業主婦がカードローンを利用するのが難しくなっています。ただ、総量規制が問題でお金を借りる事が出来ないという場合、どうしてもお金を借りたいというのであれば総量規制対象外となる銀行のカードローンならお金を借りる事が出来る可能性が出てきます。審査を通過しなければならないという事は変わりないですが、専業主婦も銀行のカードローン審査甘いならば配偶者の収入を頼りにして借りる事も可能となっているのです。

Barton